to pagetop
:)
spec5zigen Creator's Lab.

    本屋B&B 永原康史×祖父江慎× 田中千絵×田中良治 デザインとフォントの間 あたらしい文字のはじめ方 『かなバンク』のセミナーに行って来ました。

  • 2012.12.6
  • , ,

永原康史×祖父江慎× 田中千絵×田中良治 デザインとフォントの間 あたらしい文字のはじめ方


下北沢にあるお洒落な本屋さん『本屋B&B』で開催された『永原康史×祖父江慎× 田中千絵×田中良治 デザインとフォントの間 あたらしい文字のはじめ方』に行って来ました。

1drink付きということでビールをいただきながら。B&Bの意味はBook & Beer なのでしょうか。。。素敵な本屋さんです。通います。

タイプバンクが主催のセミナーで、グラフィックデザイナーの永原康史さん、田中千絵さん、ブックデザイナーの祖父江慎さん、ウェブデザイナーの田中良治さん4人が自らの発想でデザインした、楽しく奔放な書体の世界を広げていく書体ブランド「かなバンク」のご紹介で、フォント文字誕生の裏話やこだわりなど、デザインとフォントとの素敵な関係についてのトークを聞いてきました。

本屋B&B

写真暗いですが、本屋B&Bさんの中です。



グラフィックデザイナーの永原康史さんの、iPadに指で描いた文字をもとに生まれた書体「フィンガー」

タイプバンク『フィンガー』


iPadに指で書いた文字をベースにつくった書体で、『iFontMaker』というアプリを使い、移動中の電車内で書いたそうですww 手書きでとても綺麗な字でした。

日本語の書体で初めてOpen Typeの「前後関係に依存する字形」機能を実装したということで、どういうことかというと複数の字形から、文字の並びにふさわしいものを自動的に選んで表示するというのです。これにより、手書きがもつような自然な表情の文字組みをつくることができるそうです。

例えば上の画像の「あしたあえる」の「あ」が2つ違うのは自動的にふさわしいものを選んで表示した結果で、他にも「な」「か」など、同じ文字でも組み合わせによって文字のデザインが変わる面白いフォントです。この字形は日本で初めて作られた活字本からインスピレーションを得たそう。(名前忘れちゃった…)

ブックデザイナーの祖父江慎さんの、昭和初期に発表された活字を復刻した書体「ツルコズ」

タイプバンク『ツルコズ』


昭和5年にカナモジカイの松坂忠則氏がデザインした「ツル5号」を復刻した『ツルコズ』がとっても可愛くて、購入を検討してます。

『カナモジカイ』とは、カタカナだけで日本語を表記しようとした団体で、1920年に創立して以来ずっと続いてきた歴史も来年で閉じてしまうそうです。最終刊となる「カナノヒカリ」も957号まできているそうで、残念です。詳しくはカナモジカイさんのサイトで。

『ツルコズ5号』は『肩線ガナ』という欧文デザインを参考に設計された長文用のカタカナ書体で、英文の「This is a pen.」のようにスペースを空けて表示しています。文字によって高さが違うため、カタカナだけでも読みやすくなっています。どこか手塚治虫の文字に似ているような、懐かしい雰囲気がとても気に入りました。

祖父江慎さんは絵本『ミッフィー』に使用される専用書体『ウサコズフォント』を作った方なんですね!

グラフィックデザイナーの田中千絵さんの、実際に木の小枝を組み、そこから形を描きおこした書体「TREE」

タイプバンク『TREE』


実際に公園に行って木の枝を広い、スキャンしてトレースして、線をおこしている、イラスト的要素も備えた書体で、とくに見出しなど、大きく使用する場面に適している書体だそうでうす。

発想も面白いし、手作り感の温もりなんて感じられるフォントってなかなか見ないので素敵だなーって思います。(拾ってきた小枝は虫が発生しないようにお湯で茹でたほうがいいそうです。。。)

ウェブデザイナーの田中良治さんの、80年代にヒットしたビデオゲーム「ブロック崩し」のアルゴリズムを書体設計に取り入れた書体「BREAKOUT」

タイプバンク『BREAKOUT』


ビットマップで作成した文字をピンポン玉で崩していく状態を5段階のファミリーとする、時間軸を意識したアウトラインフォント。ピンポン玉で崩していく制作過程が面白いです。なるほどー時間軸とはこういうこと。

ファミリーによって見え方の違いが出ていて、Lなんてもうほとんど読めない、でも面白い。ファミリーを変えて色を変えて重ねて使うとお洒落な文字もできるようです。使い道様々。

ざーっと流れて書いてきましたが、とくにわたし個人的には『ツルコズ』が気に入りました。どことなく懐かしい雰囲気と、縦書にも横書きにもかわいい感じ。祖父江さん曰くもともと横組み専用につくった書体だけれど縦書きのほうが可愛いそうです。可愛いな。

12月は1年で1番文字が必要な月なので、シチュエーションに合った素敵なフォント選びをしていきたいですね。