to pagetop
:)
spec5zigen Creator's Lab.

このブログは『WordPress』で組んでいますが、何回かに分けて使用中のプラグインについて、忘れないように書いておこうと思います。まずは、SEO系。

All in One SEO Pack

All in One SEO Pack

「SEOにはあまり関心がぁ…」なんて言えず、WordPress用にSEO対策プラグイン『All in One SEO Pack』を入れました。
サイト全体、そして記事ごとにタイトル(title)、説明文(description)、キーワード(keywords)の設定が可能です。

裏側になりますが、WordPress管理画面の設定『All in One SEO Pack』で「Plugin Status」を有効に。
各項目を設定することで、トップページならば








ソースを見ると、metaタグ”description”と”keywords”の記述位置は気になりますが…出力されています。
あらかじめheader.phpの中で、metaタグ”title”+”description”+”keywords”を記述していても、『All in One SEO Pack』によって”title”は上書きされるが、”description”と”keywords”は二重に表示されてしまうので、header.phpのmetaタグ”description”+”keywords”は取りました。

ただ、header.phpに <?php wp_head(); ?> を記述しておかないと、『All in One SEO』は吐かれないようなので、忘れずに…。

個別記事には、WordPress管理画面の記事投稿画面下方に設定項目が表示されます。
metaタグ用の「Title:」「Description:」「Keywords(comma separated):」が記事ごとにココで設定できます。
『All in One SEO Pack』の全体設定で、「Use Categories for META keywords:」「Use Tags for META keywords:」にチェックを入れておけば、投稿記事のカテゴリーやタグが自動でKeywordsに入ってくるので、カテゴリーやタブで使ってないキーワードを入れておくことにしようかな…。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

同時に『Google XML Sitemaps』プラグインを入れました。
検索エンジンにこのサイトURLを認識してもらうため、必要なsitemap.xmlを自動生成させ、「Googleウェブマスターツール」に登録してみました。
Google Analyticator』プラグインも入れているので、「Googleアナリティクス」も含め後日併せて検証し、次策を練ろうかな…と思っています。